本文へスキップ
日焼け止めってどういう仕組みなの?

日焼け止めってどういう仕組みなの?

紫外線散乱剤の効果

日焼け止めをするためには紫外線が肌に触れないようにしなければいけません。紫外線が肌に当たらないように日焼け止めのアイテムを利用するのが効果的な方法です。夏の季節だけ日焼け止めアイテムを利用する人がいますが、肌の弱い人は季節に関係なく日焼け止めのアイテムを利用することが肌の表面を防止する方法です。   

日焼け止めのアイテムで利用されている紫外線散乱剤は、紫外線を反射する目的で利用されている成分です。この成分が利用されている日焼け止めのアイテムが数多く販売されています。紫外線散乱剤は、肌の表面に覆う成分で金属酸化物の粉を利用しているものです。販売するメーカーにより成分が異なりますが酸化チタンや酸化亜鉛を利用しています。酸化チタンは白い粉末状の成分で日焼け止めのアイテムを塗ると肌が白くなるのはこの酸化チタンが含まれているからです。すべての紫外線や可視光線を反射して散乱する目的があります。また、肌に強いダメージを与える赤外線の熱の反射も行います。酸化亜鉛は、抗細菌力がある成分で50年以上前から利用されており赤外線も反射するものです。この2つの成分により紫外線を反射させることが可能となります。またこちらの成分は肌の弱い人でも利用できるためこの紫外線散乱剤のみで作られている日焼け止めアイテムがあります。